HOME > スタッフBLOG

2016.05.19

瀬戸福祉会
2016年春の職員勉強会《2班目》

瀬戸福祉会スタッフblogを閲覧中の皆様、こんにちは。

最近はすごく暑い日々が続いていますが、お身体を壊されていないでしょうか?

先日、沖縄では梅雨入りの発表がありました。

ついこの間、お花見をしたように思うのですが、鬱陶しい梅雨がすぐそこまできています。

 

さて、今回は、前回に引き続き「職員勉強会」の第2班目の模様をお知らせします。

職員勉強会の日程は次のとおりです。

9:30~11:20 施設長講義

13:30~14:30 復命報告

14:30~16:00 虐待防止研修

 

1日かけて、しっかり学べるようにプログラムしています。

 

CIMG0150.jpg

まずは、施設長の講義を行いました。

法人の今後の方針、就業規則、法人の課題と取組みについて話がありました。

新人職員からベテラン職員まで、全職員に対して意識の統一が図れました。

 

つづきまして、復命報告を行いました。

CIMG0163.jpg

復命報告一つ目は「接遇研修」の報告を行いました。

接遇とは、心と心で接しあう事である。

マナーとは、最低限のルールである。

モラルとは、社会の上のルールである。

マナーを守れない人が増えると、モラルも増えてくる。

接遇の5原則

表情 身だしなみ 立ち振舞 挨拶 言葉遣い

人の第一印象は3秒で決まる。第一印象の修復するには100倍の時間がかかるそうです。

福祉のプロとして、このような接遇にも注力していかなければなりません。

 

次に、事例から学ぶ事故の対応の復命報告を実施しました。

まずは、事故を起こさない、トラブルにならないよう

プロとして介護や支援の中で些細な変化に気づき

気付いた変化にたいし、放っておかず、速やかに同僚や先輩に相談し

上司にきちんと報告する。

具体的な記録を行い

一刻も早く対処することが大切。

 

 

最後に、虐待防止研修を実施しました。

CIMG0165.jpg

虐待から良いケアの間にあるグレーゾーンに対して、グループワークを織り交ぜながら

グレーゾーンは虐待であるという認識を深めることができました。

虐待防止研修は年に何度も行なうことで、職員の意識の向上を狙っています。

 

今回、少し長くなりましたが、毎年春と秋に実施している、職員勉強会の様子をお伝えいたしました。

 

 

2016.05.04

瀬戸福祉会
2016年春の職員勉強会《1班目》

いつもこのブログをご閲覧いただき、誠にありがとうございます。

新しい年度になり、今後ますます情報発信を今ブログで行っていきたい所存です。

さて、あれよあれよとすでに5月になりました。

花粉症の方も、そろそろ楽になってくる季節ではないでしょうか?

私は断じて花粉症では無いと、自分自身で勝手に思い込んでおります。

 

私の話はどうでもよくて、今回は毎年春と秋に開催しています、職員勉強会について

ご紹介していきます。

 

春の勉強会のプログラム

午前のプログラムは「施設長の講義」です。

施設長の講義では、平成28年度の事業計画、各種規定の変更、経営戦略や組織についての話がありました。

11111.jpg

年2回、講義を聞く機会があることにより、新たな情報の理解と法人としてのベクトルを合わせる大切な講義です。

そのため、参加の皆さんはかなり真剣に聞き入っています。

 

 

午後からは、復命報告として2つの復命報告を実施しました。

ひとつは「接遇力研修」

ふたつ目は「リスクマネジメント研修」

44444.jpg

内容を書いてしまうと、2班の職員にネタバレになってしまうので、内容は割愛させていただき

2班の実施の報告の際に説明していこうと思っております。

 

 

 

最後の研修は「虐待防止研修」

瀬戸福祉会には、虐待防止対策員会と研修委員会がありますが

その2つの委員会がコラボレートした研修を実施しました。

22222.jpg

介護施設において、虐待防止についての理解を深める事は、非常に重要です。

グループワークを実施し、それぞれのグループで虐待に対して理解を深める良い機会となりました。

 

 

瀬戸福祉会では、年に2回、全職員を対象とした職員勉強会を実施しております。

全職員が全員集まることはできませんので、2回に分けて実施しております。

次回は5月11日の水曜に実施します。

2回目の報告も、今ブログで紹介していきますので、次のブログでまたお会いしましょう!